読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆびさきに春

それでも可愛くなりたいニートのブログ。

現役モデル・ビューティースクール代表が教える『こうしてあなたは美人と呼ばれる』!

こんばんは!本棚がキャパオーバーになったりんりんです!

なので初めて書評というものを書いてみようと思います。

 

hopeminimal.hatenablog.com

 

この記事を書いて、気づいたらもう1か月も経ってしまいました。

何にもしていなくても時間って過ぎていくものですね。毎日丁寧に生きていきたいものです。

ここで言及させていただいたひかるさんの記事にとっても助けられました。

私はタイピングがそこまで早くないので、短めの文章でもこのツールを使う方が楽でした。

 

 

で。書くとは言ってみたもののどうすればいいのかわからんかったので

matoyomi.hatenablog.com

www.meguminimal.com

 

こちらの2つの記事を読み、これならできそう!と思った部分を取り入れさせていただきました!ありがとうございます!

 

この本を読みました

こうしてあなたは美人と呼ばれる

こうしてあなたは美人と呼ばれる

 

 ・美人がしていること6つ

 ・好きな服と似合う服を同じにする方法 

 ・ぐさっときたこと

の順でお話ししますね。

 

 

美人がしていること6つ

1.保湿

2.徹底した紫外線予防

3.口角上げる

4.鏡で全身チェック

5.自分に合った睡眠時間をとる

6.朝食はグリーンスムージー

 

だそうです。

意外と手間やお金がかかりにくいものなのでびっくりしました!

全部やろうとすると挫折して何もやらなくなってしまうので、まずは1と3と4から始めてみます!

 

 

好きな服と似合う服を同じにする方法

①似合う服を好きになる

②好きな服を似合うようにする

ミニマリスト界隈で骨格診断とかパーソナルカラー診断とか印象診断とか流行っているのかな?とりあえずよく使われている印象があります。

これは①の考えに近いものかと思います。手持ちの服が少ないわけですから、自分からも人の目からもしっくりくるものを着たいですよね。

 

しかし似合わないものを好きになったら全てあきらめなければいけないのか?

それは少しもったいない気がしてしまいます。

では②の方法は

まず、自分の好きな服のタイプが似合う人はどんな女性なのかリサーチする

その服が似合う女性になりきって、その情景をイメージする

ことが大事らしいです。

具体例が挙げられていたので、もう少し引用させていただきますね。

たとえば、幅の広いつばの麦わら帽子にぴったりしたトップス、ターンするとキレイに広がる膝丈のフレアスカート、という服を着たいとしましょう。私がパっとイメージできたのは、髪はロングで毛先が巻いてあり、お嬢様タイプの清潔感と気品を兼ね備えた女性。モナコかどこかのリゾートの海辺の石畳を歩いている。階段を下りているときにスカートの裾と防止のツバのふちが揺れ、なんとも上品でキレイ!ってイメージが浮かびます。ショーで私がそんな服を担当したら、その女性になりきってその情景をイメージして歩くんです。目にはキラキラした海の水面と白いヨットを思い浮かべるんです。すると不思議なことに、その服が自分に溶け込むんです。

長いですね。笑

でもこれくらいイメージするのにかかる時間って数秒なんじゃないかなって思います。

ここまでできたらコーディネートに失敗することもなさそうなので、明日からやってみます。

 

人にキレイって思ってもらえるにはトータルバランスが大事だと思っています。

以前原宿を歩いていた時に、金髪の巻き髪ロングでゴスロリ服を着ていた方がいらっしゃったんですね。かわいいなーと思ってよく見てみると、「なんか違う!」って思ったんですね。

おそらく原因はすっぴんだったこと。おそらく30代くらいの方で、失礼な言い方ですがクマやシミやくすみが目立っていました。

ゴスロリってお人形感を出せることが重要だと思います。

目が大きくて、肌が白くて、みたいな。

 

服装だけでなく、メイクとか、髪型とか、絶対に大事です。どれかひとつを頑張りすぎて、どれかを手を抜きすぎるだけで残念に見えてしまうことが分かりました。以後気を付けてます。

 

 

ぐさっときたこと

著者の月乃さんはモデル養成やすべての女性をキレイに幸せにするスクールを開いてらっしゃる方です。

一般の方もたくさんいらっしゃるようなので、私もいつか行ってみたいなあ~。

 

スクールで教えているのは一気にキレイになれる魔法や、誰でも簡単に痩せられるダイエット方法などではありません。残念ながら、そんなものは存在しません。

まあ分かってはいたのですが、「これさえやれば人生変わる!」を求めて人々は自己啓発とかにはまっていくのだと思います。

誰でも楽して生きていきたいと思っているでしょう、おそらく。でも多少は努力とか対価が必要なんじゃないかと思っています。

 

よく本を読んで、「そんなことぐらい知っている」という人がいますが、知識があるだけでは意味がありません。大切なのはそれを実際にやっているかどうか。やっていなければ「美」という結果は何ひとつ、ついてきません。

 

使っていないエクササイズグッズやダイエット用品、美顔器など家の片隅に眠っているものはありませんか?

せっかく綺麗になろうと思ってお金を払って手に入れたのに、忘れたふりをしているものはありませんか?

とってももったいないですよね。

大変お恥ずかしながら、私は当てはまるものがたくさんありました。

 

これは私はミニマリストを志した理由の一つでもあります。

なので、物を減らす過程として今あるものを使いきって感謝するためにこのブログをはじめました。

 

そして大事にできていない物は捨てるべきだと思っています。

断捨離関係や掃除本もたくさん読んだので、少しずつアウトプットしていきますね。

 

 

 

今日はこのへんで。