ゆびさきに春

それでも可愛くなりたいニートのブログ。

大切な人形やぬいぐるみとのお別れの仕方

こんばんは!

ぬいぐるみが大好きなりんりんです。

 

f:id:ranrinrun:20160925175948j:plain

http://store.shopping.yahoo.co.jp/bague/k4371.html

 

 

年齢を重ねると興味がなくなってくるのが当たり前なのでしょうか。

ぬいぐるみ大好き一家で育ったことが原因なのか、いまだになかなか手放せません…

 

 

しかし愛着がないものは処分しようと決めました。

そのきっかけになったのがこちらのブログの方のメルマガ。

 

ameblo.jp

 

ご本人にお会いしたことがあるのですが、ほんわかされていて、ピンクがとってもお似合いでした。

 

この方のブログの中で、「使っていないものはゴミです。」としばしば書かれているのを目にして、やっと重い腰を上げました。笑

 

 

また、この本の影響も大きかったです。

 

さよさんの開運・整理収納術

さよさんの開運・整理収納術

 

 

モデルルームみたいな素敵なお宅の写真がたくさんあって、見ているだけでも幸せな気分になれる本です。あとは使用されている商品の名称とブランド名がちゃんと記載されているので、気になったらすぐ検索できるところが素敵です。

 

この本の中にも

気に入らないものの中には「気」が入っていません

エネルギーがないので、死んでいるのと同じ状態

それが家にあるというコトは・・・

物の墓場で暮らしているのと一緒

 と記載があったので、「墓場はちょっと…」と思い、やっと行動に移せました。

 

 

処分の方法は?

①リサイクルショップに売る、オークションやバザーに出品

衛生的に全く気にならない、と言ったらうそになってしまいますが、少しのお金になりそうですね。プレミアがつきそうな品だったらやっていたかも。

しかし私は極度の面倒くさがりなのでこの方法は諦めました。

 

②家庭ごみとして処分

これは上述の本の中で

処分する前にぬいぐるみを白い紙に包み、塩をひとつまみ振ってから感謝を込めて捨てましょう。

と書いてありました。ので、言われるがままに実践しました。

そこまで大きくないものでしたら、可燃ごみで出せるようです(自治体にもよるみたいですが)。

失礼な言い方ですが、あまり愛着がないようなものはこの方法で処分しました。

 

 

人形供養を依頼する

自分でやるという発想がなかったので、お金を払って神社にお願いしました。

今回私が依頼したのは、富士浅間神社さんです。

 

fuji-sengen.sakura.ne.jp

 

ぬいぐるみを入れた段ボールを郵送で送り、月に1度行われる式典にて供養していただく、という流れです。(持参するのも可能らしいのですが、事前予約が必要だそうです)

ここを選んだ理由は、家からそれなりに近かったことと(同じ関東圏内)、供養祭まで送った段ボールを預かっていただけるという点に魅力を感じたからです。段ボールに入れっぱなしで部屋に置いておいたり、指定された日時に慌てて送るということがないのが精神的にとても助かりました。

 

供養祭が終わった後は、このようにはがきを送ってくださいます。

 

 

f:id:ranrinrun:20160925200648j:plain

宮司さんの名前を公開していいのかわからなかったので、極力映らないように撮影しております、読みにくくてすみません。)

 

 

私はもう1年以上触っていないけど、とても気に入っていた、思い入れのあるぬいぐるみはこの形で処分しました。

ちゃんとお別れできたので、罪悪感が一番少なかったですね。

そして、むやみやたらに購入するのはやめようと思えました。

 

大切なものを手放すなら、この方法が一番おすすめです。

 

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか?

 

お金にしたいなら①(何らかの形で販売)、

大きすぎず手軽に処分したいなら②(可燃ごみとして)

罪悪感が残りそうで、プロにお願いしたい場合は③(人形供養

いう方法をとるのを推します。

 

少しでも参考になればうれしいです。