読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいくなりたい女子大生のブログ

ミニマリストに憧れています。シンプルライフでかわいくなれるか実験中。

おっさんは可愛いのに私が可愛くないワケ

 

本日も、斎藤薫さんの本から「可愛い」について考えます。

美容の天才365日

美容の天才365日

 

 

 要するに可愛いの表現を、何かに頼らないこと。メイクは、濃くても薄くても、主役にはなりえないのだ。その人の顔や表情には、結局勝てないのである。

 今までずっと、外見を整えることばかり意識していました。

でも、どうやら違うらしい。

狙いすました可愛さは、他人から認識してもらえないのか。

 

ピンクを顔中に塗りたくっていればいいってもんじゃないらしい。

 

f:id:ranrinrun:20161117130434j:plain

https://matome.naver.jp/odai/2141032406270626801

 

犬も、まして子犬は自分が可愛いって知らない。人間の赤ちゃんも知らないが、人間はだんだん知恵がついてきて、何をしたら可愛いかをやがて知ってしまう。知ってしまうと可愛くないのが、可愛さなのである。中年のオジサンを女の子が可愛いと言ってしまうのも、オジサンは自分を可愛く見せようなんて思っていないから。かわいさとはイコール”健気さ”なんである。女の可愛さだってそう。狙った瞬間、女は可愛くなくなるのだ。

 

と、いうわけで、可愛いはあざとさになってしまうらしい。

もっと早く知りたかった、うむ。